最も身近な幼児教育「しつけ」の正しい方法

上手に伸ばしてみんなが笑顔に

言葉使いに気をつけましょう

昭和の時代とは違い夫婦共働きで、お子さんは保育園や学童に預けるのが一般的になった現代では、お子さん向けの教育サービスが数多くあります。中でも一際注目を浴びているのが幼児教室です。お子さんの才能を伸ばすために様々なカリキュラムを組んでいて、0歳から入校できるところもあります。また才能をメインにするのではなく、一般的な教養を教えてくれるスクールもあります。

しかしこれらを外部に委託するのではなく、自分でしっかりとしつけをする事で金銭的な負担だけではなくお子さんとのコミュニケーションを取れます。
しつけといっても、ただ要求するだけや叱るだけでは意味がありません。お子さんが楽しみながら生活に対するマナーを知ってもらう必要があります。またお子さんの自主性を育む事も重要で、何に興味があるのか?そしてどんな事をしたいのか?という点をしっかりと把握し、親御さんが全てを提供するのではなくお子さんに考えさせる事が重要です。

お子さんだけではなく、親御さんも一緒になって楽しみながらしつけをしていく事で、コミュニケーションはもちろんですがお子さんが社会性を身につけられるのです。仕事に育児と大変なのは承知していますが、お子さんの未来がかかっているのでいくつかのポイントを押さえてしつけをして頂ければと思います。
ここではそんなしつけに関するいくつかのポイントを公開していますので、お子さんと一緒に参考にして見てください。

幼児教育は自分で出来る!しつけでマナーを知ってもらう

お子さんに何かしてほしい時、またはしてはいけない事を教える時についつい命令口調で言っていませんか?アナタが逆の立場だと嫌な気分になったり、恐怖心を抱いたりすることもあるでしょう。 お子さんのしつけを始める前に、自分の言葉使いや振る舞いに注意を向けてみましょう。

お子さんを注意する時に気をつけるポイント

親御さんも人間ですので、お子さんが出来ない時やしつけがうまくいかない時にイライラしてしまう事もあるでしょう。しかしその感情に身を任せてお子さんに怒りをぶつけていませんか? しつけは注意、叱るというのがとても重要なポイントです。そのコツを伝授していきます。

しっかり褒めて伸ばそう

叱るところは叱り、そして褒めるところは褒めるのがしつけの重要なポイントです。お子さんも親御さんに褒められた事で、自信がつき多くの事をやってくれるようになります。 上手な褒め方を抑えてしつけはもちろんの事、お子さんの自主性を伸ばすトレーニングを行いましょう。

TOPへ戻る